クレンジングで乾燥肌から潤いのある肌に!

肌をきれいにするために

微笑む女性

3種類の状態がある

ニキビができてしまい、治ったと思ったのにニキビ跡ができてしまったり、いつまでたってもニキビが治らないと思っていたらニキビ跡だったということは、よくあることです。背中や腕にできてしまったニキビ跡は、服などで隠すことができるのでまだ良いのですが、顔にできてしまったニキビ跡は早くなんとかしたいと思うものです。一言でニキビ跡と言っても、その状態によって3種類に分けることが出来ます。自分の肌の状態を知り、それにあった対処をすることがニキビ跡をきれいに治すコツです。まずは赤味を帯びた跡ですが、これはニキビが炎症した時に、毛穴の周りでうっ血が起こることでなってしまいます。二つ目は茶色や紫色のものは、ニキビの炎症で毛細血管が破れ血がにじみ出て起こったり、ニキビが日光を浴びメラニンがつくられシミになっているものです。三つ目が皮膚に凸凹のクレーターができてしまった状態です。

それぞれ方法がある

ニキビ跡は3種類分けることが出来ます。そして、自分がどれに当てはまるのか確認して対処することが大切です。赤味を帯びたものは、ビタミンCが配合された化粧水と美容液を使うことで、赤味の色を薄くしていくことが可能になります。特に肌への浸透を良くするために作られたビタミンC誘導体が配合されたものはより効果があります。紫色の色素沈着の場合も赤味を帯びたものと同じで、ビタミンC配合の化粧水や美容液を使うことがおすすめです。茶色の色素沈着のものは、洗顔の時にピーリングを行い、古い角質を落としていくことがおすすめです。そして、赤味を帯びたものも紫色と茶色の色素沈着のものも、しっかりと保湿をすることを忘れないことが必要です。残念ながら凸凹の跡のものは自分で対処するのは難しいものがあります。美容皮膚科などでは、目立たなくすることが可能になってきているので、一度相談してみるのも一つの方法です。どのニキビ跡も完全に治すまでは時間がかかりますが、ビタミンC配合の化粧水や美容液、ピーリングでよくなっていきます。